HOME事務所通信事務所通信数次に相続が発生した場合の相続登記について

事務所通信

数次に相続が発生した場合の相続登記について

2017/11/30

Aが死亡し、その相続人が子供2人のみで、BとCであるとします。

A名義の不動産について、相続登記をしない間に、Bが死亡し、

その相続人が子供2人のみで、DとEであるとします。

この場合、Dが、Aの不動産を相続するとしますと、登記手続きは

どうなるでしょうか?

実は、1件で相続登記が可能です。

原則は、亡くなった人ごとに相続登記をしますので、Aが亡くなったことによる相続登記と、

Bが亡くなったことによる相続登記の2件が必要になるはずですが、遺産分割協議の中身を

工夫すれば、1件で出来るのです。

Aの相続人は、BとCですが、Bは亡くなっていますので、Bの立場をDとEが引き継ぎます。

Aの遺産である不動産を遺産分割するについては、CとBの相続人であるDとEとが遺産分割

協議をすることになります。

その協議の中で、Aが亡くなった時点で、Bが単独で遺産相続したことにします。

そして、その後、Bが亡くなったので、その相続人であるDとEが遺産分割協議をし、

Dが単独で相続したことにするのです。

相続登記の原因を「年月日B相続(A死亡日)年月日相続(B死亡日)」

と併記することで、1件で相続登記ができます。

 

司法書士行政書士福満賢一

 

 

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

9月 2023
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ