事務所通信

本試験分析①

2017/07/10

本試験受験者の皆様お疲れ様でした。

本年の本試験の分析を致します。

まず択一問題の形式面から。

午前択一35問

知識型35問 推論型0問

組み合わせ型問題 30問

単純正誤問題    3問

穴埋め型問題    1問

個数問題      1問

午後択一35問

知識型35問 推論型0問

組み合わせ型問題 34問

単純正誤問題    1問

穴埋め型問題    0問

個数問題      0問

午前各科目についての印象

憲法 難 1問目で空欄補充型問題。統治についての条文知識が試されました。

2問目の財政について少々細かく正答率は低いです。 3問目の個数問題はきついでしょう。

民法 易 昨年と比較すると素直な基本問題が多く、解きやすいです。

刑法 易 例年通り、基本的な知識を問う問題。3問目は、横領と背任の区別が問われました。

今後も各論は、財産犯を中心に学習する必要があるでしょう。

商法 並 昨年は相当難しかったですが、今年は一転基本的な問題が多かったですね。改正点の出題がありませんでした。

記述式で使う知識が問われました。31問目の補欠監査役の問題は、落ち着いて考えれば容易です。

 

司法書士行政書士福満賢一

 

 

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

3月 2023
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ