HOME事務所通信事務所通信死後3か月経過していても相続放棄できるの?

事務所通信

死後3か月経過していても相続放棄できるの?

2017/06/03

はい、可能です。

民法の規定では、「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から

三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。」

(915条1項)となっております。

例えば、父親の相続では、父親の死後3か月以内ではなく、自分が相続人であると知ったとき

であります。

もちろん、ご子息であれば、父親の死亡をその日に知ることになるでしょうから、父親死亡後

3か月以内に相続放棄をしなければならないことになりそうですね。

しかし、この3か月間で、父親の負債は発覚しなかったけれども、実は父親が隠していた借金

があって、あるいは、父親が誰かの保証人になっていたなどで、3か月を過ぎてから負債が発覚

したというケースがあります。

ある日、突然貸金業者などから連絡があって発覚することがあるようです。

このような場合に相続放棄ができないのでしょうか?

そんなことはありません。

実務では、3か月以内に相続放棄の申述をしなかったことについて、相当の理由がないと明らかに

判断できる場合にだけ申述を却下し、それ以外の場合には申述を受理する扱いになっております。

亡くなられた方の資産や負債の存在を知った時から3か月が経過していないことの事情を詳しく

書いて裁判所に提出すればよいのです。先程の例では、父親の負債があるとわからず、相続放棄を

検討する余地もなかったので、3か月以内に相続放棄をせよというのは酷なわけですね。

死後3か月経過していても、諦めずに、是非相続放棄のご相談をしてください。

実績もございます。

 

 

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2月 2024
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ